カプセルポン!のコーヒーマシンってどんな感じなの?(後編)#23

皆さ〜〜ん!冬だね。こんな時こそ合言葉、ルンルン♪で楽しく過ごそうね。カプセルコーヒーの後編、抽出編もゆっくり読んでね〜。


こんにちは、茶谷順子です。イラストと文章で、コーヒーの楽しみ方を紹介するブログ、第23回目です。

 

今回は、カプセル型コーヒーマシン(後編)使い方。

 

前回マシンの構造と、カプセルの良さについて紹介しました。今回は実際の使い方。お水は背面のタンクに入れて、湯沸かしの電源を入れてあるとこから説明スタートです!

 

 カプセルポン、レバーを下げたらスイッチオン。


今回は「ネスプレッソ」という機械をモデルにして説明します。(自分が使ってたから。)細かな部分は機種によって違いますので悪しからず。

<手順>

  1. お湯が沸いたことをランプで確認しておく。コーヒーカップを抽出口の下にセット。
  2.  
     

  3. マシン中央の穴(上部の窪み)に、カプセルを投入する。
     
     
  4.  
     

  5. レバーを手前に下げる。レバーを下げると、内部でカプセルに穴が開けられ、コーヒー抽出の準備が整います。

     
     

  6.  
     

  7. 抽出スイッチを押す。自動で抽出開始。
  8.  
     

  9. 20-30<秒で抽出が自動的に終了!

 

以上です!どうしましょう!もう書くことがありません。笑

 

1杯取りだから、計量さえ不要。

初期設定時に、抽出量の設定をするので普段は本当に簡単なんです。

 

他の抽出方法のように、お湯の注ぎ方、蒸らしの待ち時間、機械の扱い方など、人が注意することがほぼありません!

 

では、マシンが抽出する光景を見てみよう。


ポンと入れたカプセルは、内部の定位置に収まります。

レバーを下げることで、自動で穴が開けられます。放射状に穴が開き、満遍なくお湯が当たるようになっています。(技術の説明は、企業のHPをご覧ください。)

 

抽出ボタンを押すと、3-5秒くらい圧がかかるのを待ちます。その後ポタポタ、ツーーーって感じでコーヒー液が落ちてきます。

 

そのまま滑らかに抽出が続き、規定の量までくると自動でストップ。

 

だからボタンを押して、その場から離れても全く問題ないんです!嬉しすぎる!

 

で、どんな味わいなの?ドリップみたいなの?


抽出過程が美しいから、透明なカップで淹れてみたくなっちゃう。

前述の、ツーーーって落ちている時に、美しいクレマがどんどん落ちてきます。カフェオレ色のクリーミィな泡のような質感です。

 

その抽出液はカップの中で対流しながら、だんだん濃い色のコーヒーに落ち着いていきます。

 

仕上がりクリーミィで香り豊か。ベルベットのような上部のクレマが特徴的です。

 

味わいは濃厚。基本的にはエスプレッソ寄りの味です。

 

クリアな味わいのドリップが好きな方は、ここにお好みでお湯を加えるのがいい気がします。

 使用済みカプセルはどこへ?汚れないの?


話を使い方に戻しましょうね。

 

抽出が無事完了したら、レバーを引きあげます。すると、小さくカタン、と音がします。

 

カプセルが、外れて本体下部のコンテナ(ゴミ箱)に落ちてきた音です。リセット完了です。これで続けて新しいカプセルを投入して、そのまま次の1杯を淹れられるんです。

 

だから連続抽出もできるし、汚れ物であふれちゃうってことがありません。

 

コンテナのサイズにもよりますが、少なくとも10杯分は溜めておけます。使用済みカプセルにほぼ水分はないので、処理も時間のある時で構わないんです。

 

うーん。便利!

濃厚な味わいが癖になります。

カプセル型のコーヒーマシン、改めて本当に優れものだな。と思いました。

 

時短で汚れ物も少ないし、味も超安定。使い方も簡単。

 

私は手で淹れる方が好きだけど、機械でこんなに美味しく淹れられるって画期的でした。

 

作る方が美味しいコーヒーを飲んで欲しいって思ってる証拠です。嬉しくなります。

 

もし、機会があったら積極的に使ってみてください!近未来の味を楽しみましょう!

 

 

注)このコラムは、茶谷順子の2017年9月12日のBlogに本人が加筆修正したものです。


 

す、すご〜〜!便利じゃないこれ??忙しい時に、うってつけ!サンタクロース様、僕にこれを届けてくれますように!ちょっと早いけど、善は急げっていうからね。ルンルン♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です