ターキッシュコーヒー、ご存知ですか?#10

皆、こんちは〜!今日はあんまり見かけない器具を紹介するよ。でも、古くから使われてる伝統的な器具なんだって。ひしゃくみたいだけど、どんな風に使うのか僕も興味津々。一緒に読んでみてね。


 

こんにちは、茶谷順子です。コーヒーはお好きでしょうか?私は、好きです。なのでイラストで、コーヒーをおいしく入れるポイントや、器具の特徴をイラスト付きで紹介しています。

 

今回はターキッシュコーヒーについて書きますね。ご存知でしょうか?マイナーだけど、とってもコーヒーの原点に近い淹れ方なんですよ。お味についても、ちょこっとご紹介しま〜す。

 

トルコ発。だからターキッシュコーヒー。


ジェズベイラスト

明らかに、普段は見ないタイプの器具で淹れます。

ターキッシュコーヒーは、16世紀にトルコで始まった淹れ方です。

 

だからターキッシュコーヒー。わかりやすいですね。

 

銅か、真鍮製の「ジェズベ(イブリック)」と呼ばれるひしゃくのような容器に、極細にすり潰したコーヒーとお水を入れ、煮出した上澄みを飲むんです。

 

地域によって、レモンやハツミツ、甘味やスパイスを加えて飲みやすくアレンジされていることも多いようです。このジェズベは、柄とかもバリエーションがあるようです。雰囲気ありますよね〜!時代を感じさせる器具が今も使われているのも面白いです。

 

すりつぶして、煮出して、継ぎ足す。お料理みたい。

ターキッシュコーヒー作り方

飲んでみたいな〜って思ってたんです。

ターキッシュコーヒーは繰り返しになりますが、深煎りの極細豆を使います。

 

当時は、グラインダーなどないので、乳鉢に豆を入れて、スリコギのような物ですり潰し、微粉状にしていたそうです。微粉状とは、グラニュー糖よりも細かく、本当に粒子が細かいので、逆にペタッと指の先にくっつくような細かさです。

 

では、淹れ方をご紹介。

  1. ジェズベに粉と水を半分位まで淹れます。
  2. 弱火にかけ、泡だってきたら、火から下ろします。
  3. 水を足し、再度弱火にかけ、泡立たせます。
    これを3回繰り返します。
  4. 粉ごとカップに注ぎ、粉が沈殿するのを待ちます。
ターキッシュコーヒー作り方イラスト続き

煮えたかどうだかちゃんとみててくださいね。

シンプルな工程なんですけど、見た目はなんとなく儀式っぽいです。店員さんも真剣な眼差しなので余計そう感じますが、コーヒーが溢れないように煮出してくれてたからです。ジェズベを移動させる様は、何かの占いのようでした!ジェズベの特徴的な見た目もいいですよね。

 

注文するとき、「上澄みを飲む、甘みのついた少量のコーヒーですが、よろしいですか?」と注意深く聞かれました。


確かに何も知らずに飲んだら、結構パンチが効いてて驚くでしょうね。笑

 

昔エスプレッソがまだ認知されてない頃、私もお店でよく同じようにお客様に確認したな〜、って思い出しました。わかんないものが出てきてがっかりするのは、お互い悲しいですもんね。お姉さんありがとうございました。でも予習してたからそのまま頼みました。

 

目の前で注いでくれた!ひしゃくが美しい〜!


ターキッシュコーヒーイラスト

ほえ〜って、見とれてしまいました。

こんな感じで、煮だされたコーヒー液が到着しました。店員さんが目の前で注いでくれた時、甘さが混じった濃厚なコーヒーの香りがしました。デミタスくらいのカップに注がれたコーヒー。粉が沈殿するのを待って、ゆっくり飲もうとすると、甘みとスパイスの香りが立ち昇りました。少し漢方のような、薬っぽい匂いもしたかな?


でも思っていた以上に飲みやすく、美味しかったです。


色んな国や歴史の背景に合わせて、コーヒーが生活に溶け込んでいたんだなあと思わされる一杯でした。

 

たくさん飲みたい時には不向きだけど、すごく歴史を感じる一杯でした。飲んでよかった!ちなみにこのコーヒーを飲んだのは、神戸にある、UCCコーヒー博物館

 

つい先日、行ってきたんです!次回はこの感想を書こうと思います!

 

注)この記事は茶谷順子の2017年5月13日のBlogを、本人が加筆修正したものです。


 

ふぅ〜〜ん。かっこいいね!昔はコーヒーを飲む準備にも時間をかけていたんだね。スパイスや甘いのを淹れて煮出すっていうのも、今とは全然違うね。小さな一杯だけど、歴史を感じちゃうなあ〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です